ブログも論文もこれで楽勝! 公式にあてはめていくだけで文章のアウトラインが完成する三行作文術


「数学の公式のようなものが文章にもあればいいのに‥」。思うように筆が進まない時、ふとそんなことを考えたことはありませんか? あてはめていくだけで文章が完成する。そんな魔法のような公式があったら便利ですよねーー。

作文が苦手という人は少なくありません。じつをいうと私も大の苦手でした。

ただそんな私が以前から不思議に思っていたことがあります。それは時と場合によってはどういうわけかそれなりにすらすら書けるときもある、ということです。

なぜ書ける時と書けない時があるのでしょうか? 文才というのは、ある日突然目覚めたり、眠ったりするものなのでしょうか? いいやそんなはずはありません。才能というのはそんな極端に不安定なものではないはずです。

長年疑問に思っていた私はある日、そこに一つの共通点を発見しました。それは、筆が進まない時は例外なく「問いが明確になっていない」ということです。

文章というのは、突き詰めて言えば問いに対する答えです。なんらかの疑問がそこにあり、その疑問に対して答えを提示するというのが、文章の基本形です。したがって文章を書くには、何よりもまずそこで取り上げる問いが明確でなければなりません。なぜなら問いが明確でなければ明確な答えなど出せないからです。そして問いと答えが照応しない文章はーーたとえそれがどれほど巧みなレトリックを駆使した流れるような名文であろうとーー論理的に破綻した、意味の通らない悪文ということになります。

にもかかわらず作文が苦手だという人の多くは、その肝心な問いを明確にしないままいきなり書き始めてしまう傾向があるようです(少なくとも私はそうでした)。だから見切り発車で書き始めたものの結論となる答えが見つからず、あちらこちらうろうろしたあげく、はたと筆がとまってしまうのです。

しかし、これを逆にいえば「問い」と「答え」さえ明確にできれば、文章は誰にでも書けるということになります。また文章が問いと答えという基本構造からできていることがわかれば、それを一定の法則のもとに展開させることで、筋道の通った文章をつくることもできるはずです。

こうした個人的な洞察から編み出されたのが、ここに紹介した筆者オリジナルの三行作文術です。そしてそれをベースに開発されたのが、実践的な補助ツールである穴埋め式三行作文テンプレートです。

以下はその穴埋め式テンプレートへのリンクです。論説文用、説明文用、コピーライティング用があります。文章が苦手だという方、今現在書けなくて困っているという方は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

sakubu_title_ronsetsu

論説文や評論文など意見を論理的に主張する文章を書く際はこちらをお使いください。

button_riyou_blue

sakubu_title_setsumei

 

説明文や報告文など事実をそのまま伝える文章を書く際はこちらをお使いください。

button_riyou_green

 

sakubun_title_copy

商品説明文などのボディコピーを書く際はこちらをお使いください。

riyou_red

 

クリエイターズハック ツイッターでもつぶやいてます

“作文にも公式がある!なぜか誰も教えてくれなかった三行作文術とは?” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。